So-net無料ブログ作成

インドネシア調査視察 [イベントの紹介]

インドネシア調査視察ツアー
内容
1st day
 ジャカルタ着→ホテル移動
2nd day
 player とのインタービュー
 observerとのインタービュー
 消費者とのディスカッション(FGD)
3rd day
  governmentとのインタービュー
 サイト見学
 ジャカルタ発→日本着
 流れ1) 御社の事業・進出の動機・進出予算のヒアリング
2)御社のニーズに合う調査をデザインして、調査スケジュール作成。
3)インドネシア調査(2泊3日)
4)帰国後のリポートが届く。
 費用

60万円~
(飛行機代・ホテル代・通訳・移動の車・調査費用込み)

 問合:lakilaki_indonesia@yahoo.co.jp
090-9342-2726

アルビーコメント:
ビジネスにはリスクが付き物です。しかし、リスクは、
1)管理可能なリスク(resiko terkontrol)
2)管理不能なリスク(resiko tidak terkontrol)
があります。
パートナー選び・事業進出の形態・規制変更などは、管理可能なリスクです。一方、地震などの自然災害は、長期スパンにおいて予測が出来るものの、管理しにくいのです。インドネシア総研は、インドネシアに特化したコンサルを提供していますが、必ず、進出の各段階において『調査』を行ないます。大手企業や上場会社の場合は、stakeholderとの関係も有り、情報開示が必要になるので、『丁寧』に市場調査を行ないながら、商品開発・事業展開を図ります。
 今までインドネシアの市場調査・パートナー調査を依頼して下さる中小企業に対して、
1)ヒアリング
ヒアリングを丁寧に行なうことで、固定観念を捨てます。『今までのやり方で会社が成長したのだから、このやり方でインドネシアに行こうっと』という固定観念を捨てることで、新しい見方を得ます。インドネシアの市場はどれ位なのか 最低限の経営資源の投下でどんなことが出来るか から丁寧にディスカッションすることで、誰に聞けばいい どのように聞けばいい が分かります。
2)調査デザイン
市場調査会社 と コンサル会社は、極端に分かれる場合があります。前者は、調査の手法に拘り、後者は、調査の結果にこだわります。弊社インドネシア総研株式会社(2011年3月下旬)にとって、市場調査とは、ビジネスの最適化のためにあるという理念で、調査デザインを決めます。

ある国でビジネスするためにまずは、
player(参入企業)を知って、御社の果たせる役割を反省出来る。
observer(専門家)の意見を聞いて、客観的に業界全体を見渡せる。
government(政府関係者)に聞いて、規制が御社の動きを縛るのではなく、規制の風に乗って事業展開を行なう。
consumer(消費者)に聞いて、御社がどんなことを提供できるか 分かります。

3)調査実施
3日間という短い期間で、行ないます。御社の日本での仕事を妨げないように3日間で終了出来る調査を行いますが、調査内容によっては、4日間~5日間も可能です。

4)帰国後のレポート
20日間以内にどんなことをやって来たか 御社が興味を持った業界の概要などのレポートが届きます。

是非、お問合せを!


Rangkingに参加していますので是非クリックのご協力お願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ インドネシア語へクリックのご協力お願いします。

by.アルビー(Albertus Prasetyo Heru Nugroho)
インドネシア語講師・通訳翻訳・(インドネシア総研所長
HP        http://www.geocities.jp/lakilaki_indonesia/
Email     lakilaki_indonesia@yahoo.co.jp
Mobile   090-9342-2726



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。