So-net無料ブログ作成
本の紹介 ブログトップ

インドネシア語の教科書ベスト5! [本の紹介]

 BRICsとVISTAという語を是非覚えてもらいたいです。
BRICs = Brazil Russia India China など
VISTA = Vietnam Indonesia South Africa Turkey Argentine
これらの国々は安定した経済成長をしています。

10年前までにインドネシア語を学んでも趣味程度にしかとどまりませんが、これからの時代では、
英語、中国語、スペイン語の次に、インドネシア語が出来ると、就職・投資・事業展開に有利になって来ます。スタートが優勝を決める短距離ランニングと同様に、今!是非、インドネシア語に挑戦して下さい。

さて、インドネシア語を学ぶために、まず教科書が必要ですね。以下の教科書を是非揃えて頂きたいですね。(1stから5thまで)。クリックすればamazonに飛べますし、又、大きいな本屋さんでは基本的に見つけることが出来ます。

1.入門の入門!。小説のように読めます!。恩師の降幡先生が書いていらっしゃって、発音のことを分かりやすく書いてあります。

インドネシア語のしくみインドネシア語のしくみ
作者: 降幡 正志
出版社/メーカー: 白水社
発売日: 2005/04
メディア: 単行本







2.ホラス先生とは仲良し。この本は、参考書にするのが一番!。

インドネシア語レッスン初級〈1〉 (マルチリンガルライブラリー)

インドネシア語レッスン初級〈1〉 (マルチリンガルライブラリー)

  • 作者: ホラス 由美子
  • 出版社/メーカー: スリーエーネットワーク
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本

3.周りに話し相手がいなければ、まず、耳でパターンを覚えることが大事です。この教科書はお勧め。

インドネシア語リスニング

インドネシア語リスニング

  • 作者: ホラス 由美子
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本

4.外国語をマスターするために、フレーズから入ったほうが良い。文法などについて書いた人がたくさんいます。無償で、私のHPにて提供しています。www.geocities.jp/lakilaki_indonesia 。

今すぐ話せるインドネシア語 入門編 (東進ブックス)

今すぐ話せるインドネシア語 入門編 (東進ブックス)

  • 作者: ファリーダ イドリスノ
  • 出版社/メーカー: ナガセ
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本


5.ベスト4まで揃えてさらに本格的に学びたいなら、この本をお勧めです!。Bataone先生と一緒に仕事をしたことがあり、ルールに可也厳しい。気合が無い人にはお勧め出来ません。

バタオネのインドネシア語講座 初級 (1)

バタオネのインドネシア語講座 初級 (1)

  • 作者: ドミニクス・バタオネ
  • 出版社/メーカー: めこん
  • 発売日: 1989/02
  • メディア: 単行本

さらに、もっともっとインドネシア語を学びたい方は、5月末までのキャンペンで、インドネシア語を4500円(交通費込み)で大学等で教えている講師に習うことが出来ます。
http://www.merapi.com/arbi/private.html


by.Arbee(Albertus Prasetyo Heru Nugroho)
インドネシア語講師・通訳・翻訳・インドネシア関連コンサルタント
HP        : 
www.merapi.com/arbi/i.html
Mobile   : 090-9342-2726
Email    :  lakilaki_indonesia@yahoo.co.jp


 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ジャムー (インドネシアのアーユルヴェーダー漢方)jamu [本の紹介]

JAMU(ジャムー) とは、インドネシアの民間療法によく使われている薬草のことです。東南アジアの神秘が再発掘される今、ジャムーの存在も知られるようになった。精力剤(jamu kuku bima)やバーストアップ用などの様々な用途のジャムーがある。しかし、ジャムーってそもそも何なのか を知るには、このの本は、一つの見方を提供してくれる。


幻のジャワ秘草ジャムーであなたもバストアップ (1983年)

by.Arbee
インドネシア語講師
www.merapi.com/arbi/i.html

レッスンやconsultingの問合せについて lakilaki_indonesia@yahoo.co.jp もしくは 090-9342-2726


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

スタンフォード大学集中講義 (kuliah khusus universitas Stanford) [本の紹介]

最近、ジュンク堂に行くと『東大の講義シリーズ』のコーナーが目立つ。2001年に東京大学に入学した時(理科1類11組)に日本語がまだそれ程出来なかったので、教科書以外の本に手を出す余裕がなかったことを思い出した
(インドネシア語訳)
Akhir-akhir ini, waktu saya berkunjung ke Junkudo,saya sering mendapati corner "seri kuliah universitas Tokyo". Saya ingat betul waktu saya masuk The University of Tokyo tahun 2001, saya tidak sempat membaca buku di luar buku pelajaran karena waktu itu bahasa  Jepang saya tidak sefasih sekarang. 
この本は面白い!。流石は名門スタンフォード大学だけあって、内容がしっかりしているし、ヒントになることが多い。5ドールが入った封筒を学生に渡して、企画を練る期間を数日与える。開封して2時間以内に出来るだけ多くの価値を生み出してもらう=稼ぐ。理論ではなく、実際に行われる講義なので、『あ!』と直ぐに納得出来る。
(インドネシア語訳)
Buku ini sangat menarik. Tak heran karena isinya adalah materi kuliah universitas kenamaan Stanford. Selain isinya bagus,banyak hal yang bisa kita petik darinya.Dalam pengantar disebutkan bahwa mahasiswa diberi amplop yang berisi 5 dollar dan diberi waktu beberapa hari untuk memikirkan bussiness planning. Aturannya, setelah amplop itu dibuka, dalam waktu 2 jam kita harus dapat menemukan berbagai macam value=nilai atau pendeknya uang 5 dolar itu harus digandakan.Buku ini tidak bicara tentang teori-teori yang sulit. Namun karena materinya benar-benar dijalankan dalam kegiatan perkuliahan di stanford, eureka! Anda akan segera memahami isinya.


英語版(versi bahasa Inggris)
What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the World

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the World

  • penulis: Tina Seelig
  • penerbit: HarperOne

tanggal terbit: 2009/04/01
hardcover

アルビーの一言
世の中には様々な価値が存在している。換金可能な価値と,愛や家族などのような換金不可能な価値もある。この本のすばらしいところは、企業家は、『価値maker』という風に印象づけられる。本の中に、5ドールを使わないで、600ドールまで稼いだチームがいたそうだ。そのチームは、Stanford大学のブランドと 講義の価値に目をつけて、企業に広告を出してもらうそうだ。発想転換出来れば、600:0 =無限大のreturnが可能だということである。モチベーションもそうだが、想像力を『育む』ことが重要である。不景気の日本を救うのは、今の大学生・今の若者です!。今の世の中に、どこからでも知恵にアクセスが出来る。あなたは『価値maker』になりたければ、学歴の必要性を最低限に抑えることが出来る。
Arbee's review:
Ada banyak value atau nilai di dunia ini. Ada value yang bisa ditukar dengan uang dan ada value yang tidak bisa ditukar dengan uang seperti cinta dan keluarga.Yang luar biasa dari buku ini adalah bahwa seorang pengusaha adalah " value-maker". dikatakan dalam buku bahwa ada sebuah tim yang justru tidak menggunakan uang 5 dollar tetapi memanfaatkan "merek" universitas Stanford dengan memasang iklan dalam presentasinya sehingga tim ini mendapatkan uang 600 dolar.Di sini kita bisa memahami bahwa Returnnya adalah 600:0 =  tak terhingga.


by. Arbee
インドネシア語講師・インドネシア関連アドバイザー
www.merapi.com/arbi/i.html
www.merapi.com/arbi/profile.html


出稼げば大富豪in インドネシア [本の紹介]

インドネシアに行って財を築いた日本人のサクセスストリー。
Ini adalah kisah sukses seorang Jepang yang merantau ke Indonesia.
普通なら、発展途上国から先進国に『出稼ぎ』をするのだが、この人は、違う!
Biasanya, kata"merantau" ini dipakai untuk menyatakan perpindahan dari negara berkembang ke negara maju. Namun, orang ini berbeda!
元暴走族だったが、バリ島に渡って、資産を築いた。
Dia adalah bekas berandalan.Setelah bertobat, dia "merantau" ke Bali dan membangun aset di sana.
インドネシアでは、外国人が土地所有が出来ないという法律があり、よく土地所有について現地人とのトラブルが生じるが、資産何百億円の兄貴は、ここまで来れるというのはそれなりに秘訣があるのでしょう。
Di Indonesia,  ada undang-undang yang menyatakan bahwa orang asing tidak dapat memiliki tanah.Oleh karena itu,banyak sekali masalah yang berhubungan dengan kepemilikan tanah. Seorang milyader yang disebut "aniki= abang" ini pasti memiliki tipsnya tersendiri.
 

出稼げば大富豪 (調子ぶっこきシリーズ)出稼げば大富豪 (調子ぶっこきシリーズ)

  • 作者: クロイワ・ショウ
  • 出版社/メーカー: ロングセラーズ
  • 発売日: 2009/06/01
  • メディア: 単行本




語彙レッスン:
A.merantau (ムランタウ)(自動詞)[出稼ぐ]
派生語:perantauan(出稼ぎ先の地)
例文:
1.Suami saya pergi merantau ke Arab untuk membiayai hidup anak-anak.
旦那は、子供たちを養うために、アラビアに出稼ぎに行った。
2.Hidup di perantauan tidaklah mudah.
出稼ぎ先での暮らしはそう簡単ではない。

B.berandalan[不良・暴走族]
解説:berandalan という語は、ber-an の接頭辞と接尾辞から成った。集団とか群れとかに関係している。berlarian という語は、「あっちこっち走る」というので、あっちこっちは何となく複数を表している。しかし、berandalanは、集団をあらわすのではなく、不良集団の一員を指すのです。

C.bertobat[悔い改める]
解説:インドネシアの大半は、『善』と『悪』をはっきりと区別する。なので、悪 とされる道から普通の道に戻る際に、[悔い改め]というのが必要だ。日本には、中々無い発想です。「反省する」と言う語にも当てはまることが出来るが、やはり「国が違えばシステムも異なる]

アルビーの一言:
この本は、『バリ島と日本』を繋ぐ。この本を機に、是非ともバリ島を門にしてインドネシアの世界に入ってもらいたいです。不動産投資も良いが、バリ島からインドネシアに視点が移ると、株投資・投資信託投資・貿易など様々なことが出来ます。インドネシア人の富裕層が増えます。JALが成田・関空バリ島をあきらめる中、ガルダインドネシアは増便する。所得の増加に伴い、サービスの増加は追いつかない。さて、是非、インドネシアを視野に入れて下さい。インドネシアに関する情報は(無料・有料)にて提供致します。

アルビー
インドネシア語講師・インドネシア関連情報アドバイザー
www.merapi.com/arbi/i.html
www.merapi.com/arbi/profile.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
本の紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。